Comming Soon!

本サイトでは、2D CAD世界標準のAutoCADファイル形式であるdwg/dxfファイルを様々に処理するためのツールを紹介しています。

dwg/dxfファイルは、AutoCAD以外でも互換CAD(※1)と呼ばれる製品がネイティブのファイル形式として利用しており、また、主要なCADは図面をdwg/dxfファイルとしてエクスポートすることが可能です。

本サイトで紹介しているツールは、ODA(※2)のライブラリを利用して、CAD無しで動作するものです。

(※1)AutoCADの互換CAD:国内で販売されている主要な製品としては、BricsCAD, IJCAD, ARES等があります。

(※2)ODA(Open Design Alliance)とは

    目次


製品紹介

図面チェック・変換ツール

図面(dwg/dxf)ファイルをチェックし、バージョン(形式)を変換するツールです。

取引先から受領した図面(.dwg)ファイルが自社のAutoCADや互換CADで読めなかったことはありませんか?

このようなときは、ファイル形式(2018とか2013とか…)が自社のCADより新しい場合が多いのです。

逆に、取引先に渡した図面(.dwg)ファイルが読めないと言われたときは、取引先のCADが自社のものより古いバージョンの場合が多いのです。

そのようなときは、本ツール「図面チェック・変換ツール」の出番です。

本ツールで、対象の図面ファイルのフォルダを指定すると各ファイルの形式(バージョン)が確認でき、そのまま指定する形式(バージョン)に変換できます。

また、取引先に図面ファイルを渡す場合、取引先に渡したくない情報があるものです。

この場合は、該当の情報を非表示にして、設定の [ブロックを分解] と [外部参照を分解] および[非表示オブジェクトは削除]にチェックを入れて変換してください。
元図面でブロックや外部参照だったオブジェクトが、ライン、円、テキスト等の基本図形に分解され、非表示画層のオブジェクトと共に非表示の属性も削除され変換されます。
また、オブジェクトがゼロになった画層もパージ(削除)されます。

取引先のCADがAutoCADまたは互換CADでない場合、レイアウト(※)をサポートしていないかもしれません。

(※)レイアウト:ペーパー空間(字義通り、紙のイメージ)上にモデルとしての各オブジェクトの表示の大きさや位置を定義するもの。ファイル内にいくつでも作成可能。

御社の図面がレイアウトを利用していて、それを取引先のCADで読めるようにしたい場合は、設定の[レイアウトをモデル変換する]にチェックを入れて変換してください。

変換後のファイル名は、ファイル名-レイアウト名.dwg(or dxf) 例: ABC-A3横.dwg となります。

図面(dwg/dxf)ファイルチェック

対象図面(dwg/dxfファイル)の形式、更新日付、サイズだけでなく、イメージ、レイアウト名、ブロックの数(※1)、外部参照の数(※2)を確認できます。

※1:実際に図面内に配置されているブロックの数。すなわち、パージできないブロック。

※2:リンク先にファイルが見つからない外部参照の数は()内に赤字で示しています。

dwg/dxfバージョン(形式)変換

複数の図面 dwg/dxfファイルを指定した形式のdwg/dxfファイルに一括変換します。

オプション設定により、ブロック、外部参照を見た目通りの色や線種の基本図形(ライン、円、テキスト等)に分解すること、レイアウト毎にモデルとしての図面ファイルに変換することができます。

変換元ファイルとしては R12形式以降、変換先ファイルとしては、2000 ~ 2018形式の dwg/ASCII DXF/Binary DXFフォーマットをサポートしています。
※ AutoCAD2019 ~ 2022 も 2018形式です。

詳細は下記ボタンから閲覧してください。

製品の説明


体験版

「図面チェック・変換ツール」は7日間の体験版を利用できます。

利用手順

アカウント登録
ユーザー名とメールアドレスを入力してアカウント登録します。

ユーザーID、パスワードの受け取り
アカウント情報として登録したメールアドレスに、
・ダウンロードサイト情報
・ユーザーID
・体験版用パスワード
が記載されたメールが送信されます。

ダウンロード
ダウンロードサイトで、インストーラをダウンロードします。

体験版を実行
インストール後、デスクトップアイコン、または、スタートメニューから「図面ファイルチェック・変換」を起動し、ユーザーID、パスワードを入力して処理を開始します。体験版用パスワード発行日から7日間ご試用いただけます。

※ 製品を購入いただくと、製品版のパスワードがメール送信されます。
実行モジュール起動時に、製品版のパスワードを入力すると、そのまま継続してご使用いただけます。


ライセンスについて

「図面チェック・変換ツール」のライセンス管理はネットで行います。 

・実行時は、ネット接続が必要で、起動時に ユーザーIDとパスワードを入力し
ネット接続したクラウド上でライセンスがチェックされます。
※ ユーザーIDとパスワードはブラウザに記憶できるので、毎回入力する手間は不要です。

・同一ユーザーIDでは、同時に1端末のみ使用できます。
 同時でなければ、複数端末から使用可能です。


ODA(Open Design Alliance)について

CAD無しでdwg/dxfファイルにアクセスするため、ODA(Open Design Alliance)のライブラリを利用しています。

ODAには、世界中の主要なCADメーカー(CATIA、Solidworksのダッソー、NXのシーメンス、上記の互換CADなど)が参加しており、元々はdwg/dxfファイルにアクセスするライブラリを開発・メンテするためのコンソーシアムでしたが、近年では対象のファイル形式を拡げてきており、BIM(Building Information Modeling)のIFC形式にも力を入れているため、AutoCADファイル形式の本家であるオートデスク社もODAに参加しました。


その他の事業内容について